お問い合わせ ダウンロード

リークテストと気体の性質



エアリークテスターと気体の性質
空気圧を利用してワークの気密を検査するエアリークテスターは、気体(空気)の性質を正しく知ることが重要です。
「エアリークテスターと気体の性質基礎理論」では数式はできるだけ省き、リークテスターに必要な理論を説明しています。ワークに空気圧を加圧することによる断熱変化の影響と、ワーク内部の空気温度がどのように安定していくのか、ワークの形状によって決まる安定係数を求めて説明しています。ワークの安定が早いかどうかは内容積よりもむしろ形状に関係する安定係数に依存することが理論的に説明されています。
また、エアリークテスターの各工程の内容と、リークテスターの感度校正方法については詳しく説明しています。リークテスターの感度校正方法は容積を可変して校正する方法と、リークマスターを使用して校正する方法があります。通常の使用状態ではどちらの校正方法でもほぼ同じ校正結果になりますが、温度が異なる条件では漏れが既知のリークマスターでの校正が基準になります。リークマスターでの校正は漏れ穴基準でリークテスターを校正できるからです。

下記の内容の「エアリークテスターと気体の性質基礎理論」の資料を用意しています。ご要望の方は最寄の営業所か問い合わせフォームよりご請求下さい。

「エアリークテスターと気体の性質基礎理論」

目次

「エアリークテスターと気体の性質基礎理論」の資料請求はお問い合わせフォームから